マンション管理会社を利用する際に知っておきたい平均的な価格

規模的なことや設置設備での違いもあり

戸あたりでの換算してみてのマンション管理会社における管理委託費の平均額は、月々およそ13000から15000円ほどとなっています。この月額は全てにおいて適正となるかと言えばそうでもなく、それは変動をするためです。何が理由になるかというと、マンションはそれぞれ設備などの違いもありますし、大小の規模も関わってくるためです。そのため全国的に国内の管理委託費は一律というわけではなく、あくまでも相場を目安に価格をイメージすることはできます。マンション実態調査を行っているのは国土交通省であり、複数のマンションがその調査対象となりました。月計算で見た際に平米あたりの管理費はおよそ200円くらい、戸あたりではおよそ15000円くらいの数字で結果が出ています。

高いから相当で安価だから得というわけでもない

マンション管理会社を利用する際に価格は考慮すべきポイントですが、判断は安いことや高いことだけで左右をするものではありません。費用面が安価だと知ると一見得をしたような気分にもなりますが、ふたを開けてみると安いなりの理由があからさまに浮き出てきます。管理業務が適切に行われてはいなかったり、必要なはずのサービスがすっかり抜け落ちているなどの危険性もあるためです。相場と比較しても管理委託費が高額設定であったとしても、管理会社による搾取かは不透明な部分でもあります。そのため費用面がやけに安いと感じたとき、反対に少し高すぎやしないだろうかと感じたときには、どんな利点がありマイナス面があるかを知ることも必要です。費用面を漠然と受け止めるのではなく、明細に関しては掘り下げて分析をしてみること、慎重な姿勢が大切になります。

本当に必要なサービスが含まれているのか

マンション管理会社の管理委託費は、定期的に管理組合による見直しも必要なことです。一体支払いをしている金銭は具体的に何の用途で使用されているのか、適切な支払い価格であるかを、管理組合は把握をしておく必要があります。費用面の詳細を掘り下げてチェックしてみたら、本当は不要なサービスが費用面に含まれている可能性もありますし、すでにメンテナンス済なのに、その部分を必要以上に点検していたりするかもしれません。こうした不要なことや不足点があるなら、今とこれからの管理方針に関しての話し合いの場を、管理会社と向かい合って設ける必要性が出てきます。前向きに話し合いをしたいものの管理会社への不満がぬぐえない、改善の余地がみられない、誠実さに欠けると判断をするならば、管理会社を別の優良な会社に切り替えることも検討をする事です。

記事一覧