マンションでトラブルが生じた際のマンション管理会社の役割

マンションでは入居者間でもめることがある

マンションでは、多くの方が住むため住人同士でトラブルが起こることがあります。当人同士で解決することが望ましいですが、状況によってはうまく解決できずにお互いの関係が悪化してしまう可能性などもあるためできるだけスムーズな解決が理想的です。そして、少人数でもめ事が起きたとしても、状況次第ではマンション住人の多くを巻き込む事態になる可能性もゼロではありません。人付き合いが良好であることが理想ですが、何かしらもめた際には早期解決をすることが大切です。ですが、当人同士での解決が難しい場合には、マンション管理会社などに相談をしてみるというのも方法の一つだといえます。直接的に対応してもらえるものではありませんが、なんらかの対処には期待ができるためトラブルが生じた際にはまずは相談してみるのもいいでしょう。

マンション管理会社の役割を知る

マンションの住人がもめ事を起こした場合など、マンション管理会社が仲裁するのかと思う方もいるでしょうが、基本的には管理会社は直接的な関与はしません。マンションでは、決まっているルールなどがあり住人がそのルールをやぶっている、もしくは当然と思われるマナーを守っていない場合には、管理会社側から、ルールやマナーを守るようにお知らせをする文書を組合理事会において提案や実行をすることはあります。それでも、状況の改善がみられないという場合には、トラブルを起こしている入居者に対して管理組合、管理会社連名で申込書などの作成、組合理事会に提案や実行などを行います。このように、状況に合わせて分署の作成や提案、注意喚起など実行の行動にでることはありますが、最初から原因となる当人、入居者に対して直接的な行動は起こしません。

管理会社の姿勢や質が問われる時代

一昔前に比べると、高齢化が進み独居老人が増えているのが実情です。そのため、マンションでも高齢な方が入居する率も増えてきています。また、マンションの共同生活において、安心・安全に暮らすためにもサポートが必要なこともあるでしょう。入居者同士のトラブルに際し、管理会社がしっかりと、立場をふまえ義務を説明できるか、できる限り入居者のために協力ができるかという点が重要です。どのような相談であっても対応できるというわけではありませんが、基本的に入居者に対して協力的な姿勢をみせることは大切だといえるでしょう。時代に合わせた柔軟な対応や行動がマンション管理会社にも求められています。

記事一覧