トラブルにはマンション管理会社が人気

費用をかけるだけ質が良いサービス

マンション管理会社というのは、賃貸マンションのトラブル対策としても人気を集めています。もちろん、管理会社へ委託するワケですから費用も支払うのですが、この費用に関してはサービス内容によって一概に言えません。どこまで委託するのか、かければかけるだけ、そのマンションの株は上がるでしょう。賃借人と賃貸人とは立場は対等ではないので、中には、家賃の増減についての争いもあります。もちろん、家賃収入によってマンション経営は維持できますから、滞納者に対する支払いに関与してくれるのもマンション管理会社です。家賃が安くなることは少ないですが、高くなることもあります。どれだけ値があり設定すべきか、培ったノウハウだけにアドバイザーになるため、人気化しています。

徹底的に検証したり調査をしている

また、人気なのは、マンションの使用方法をめぐるトラブルでしょう。たくさんの入居者がいるマンションでは、互いに譲歩する気持ちがあれば解決は困難ではないと思われるのですが、都会での生活では隣に誰が住んでいるのか、知らないケースもあるほど近所付き合いがありません。ですから、すぐにでも感情的なもつれが出てくるようです。当事者が話し合い、それでも解決しない場合には管理会社の社員による仲介が行われるといいます。これもサービスに含まれているため、弁護士を雇うよりも安上がりでしょう。もちろん、騒音問題はマンショントラブルのトップ5に入るので、管理会社もそれなりの対処法を用意しています。生活音としての範囲を超えているのか、隣のみならず、上下階の入居者からも話しを聴く、不快に感じる音を機器によって調査するなど、正確性で対応してくれます。

法律も知り尽くしているから評価

修繕をめぐる争いにも管理会社が応えてくれることは周知されていますが、敷金返還や更新料、賃料値下げのトラブルにも応えてくれます。マンションを借りるときは、敷金が必要になります。何も問題がなければ、明渡し後に返還されます。しかし、立場的に部屋を借りる側が弱くなり、明渡し後に返還されると思い込んでそれらしいことを聞かずに明渡し、返還されず仕舞いというトラブルも発生しています。いわゆる自然損耗分まで賃借人に負担させて、敷金を返さないトラブルです。こうした賃貸マンションの規制する法律に詳しいのもマンション管理会社ですから、人気なのでしょう。どうしても話し合いで解決できない場合、大抵は、調停という法的措置にならざるを得ないのですが、風評被害対策が必要になります。穏便に済ませる術を知っているのがマンション管理会社のプロです。

記事一覧